いろいろ激うまくいかない

仕事していると諸々印刷しなくてはならないものが出てきますし、精算関連では複雑な印刷をたくさんしたくて(なので人に頼むじゃなく自分でやりたくて)、でも私が事務所で繋がっているプリンタが1カ月以上壊れていて、ITの人にしつこくお願いしたところ修理には出してくれたけど買った方が安いらしくて、「買うなら数日待てばいいか」なんてわけはなく、全ての調達に時間がかかる当地にて絶望していた中、西ナイル州にフィールド出張中、現場で印刷というのもなんか変だけどごめん、「よし!印刷するぞ!」と勇んでオフィスに来て、いざ印刷したら、トナーが瀕死で、一番右の部分だけ申し訳程度にかすかに文字が浮かんだ紙がペラっと出てきました。

ぺらっと。

 

さて、私はこんな感じで毎日やっておりますがみなさんいかがお過ごしでしょうか?

 

話を戻すと、プリンタ問題は些細なようで、だんだん沸々とフラストレーションが溜まってくるもの。(同じフロアにもう一つだけある他のプリンタには繋げない理由が別途ありますが長くなるので割愛)

 

なにか改善策はないものか…と考えたところ、前にカメルーン時代に開発コンサルの方がコンパクトプリンタを持ち歩いていたのを思い出し、ネットで購入。今月日本から出張で来る方に持って来ていただけることになりました。

 

 

 

 これ、2万円弱で、1.6㎏で、優れモノ。

これこそが、テクノロジーによる業務環境改善&ストレスマネジメントだな!すばらしい。

 

 

しかし、経費精算のため領収書を手配して、それがリンクで届いたのですが、

 

f:id:yaskolnikov:20181114013324j:plain

 

 

とのこと。

普通だったらそんなに大したことではないのに、この環境にいると

「一回しか印刷できない」

という事実に思わず「ひっ」と息を飲みます。

確実に信頼のおけるプリンタが身近にない今、結構リスクの高いオペレーションの発生です。

 

しかし満を持して、事務所内のこのプリンタなら印刷できるという所で、それに繋がっている共通PCの宿命的に遅いネットから、個人用Gmailアドレスを開いて印刷することに。

まず最初にプリンタの中に十分紙があることを確認して、別の書類で試し印刷をして、高まる緊張感の中、震える手で印刷ボタンを押しました。

 

プリンタが無事に音を立てて動き出して一安心したのも束の間、なんだか紙が出る音が続く…

なんということでしょう、同じタイミングで別の人が大量の印刷を始めたのです。ただでさえ詰まりやすいプリンタで両面印刷で、

「えええ、だめだめだめ!」とプリンタに駆け寄ったのですが、私の渾身の応援も虚しく、案の定詰まって、直ってからも私が印刷しようとした領収書は出てこず。

  

。。。。。。。。。。。。。。。

 

まあ想像に難くないことに、こういうことが仕事上でも生活上でもたくさんあります。仕事上の問題を事細かにブログに書くわけにはいかないし、生活上の問題(家のインフラ関連)は本当に消耗してしまって書くとつらいので、この件を書きました。

 

いろいろ激うまくいかない。

ふぁ〜~

 

f:id:yaskolnikov:20181114020917j:plain