La Semeuse

アフリカ内を行き来することや、読んだ本などについて。

お友だちがウガンダに来てくれた話

海外に住んでみてわかったのは、みんな結構世界を行き来するので

「そこ今度行くので会いましょう!」

みたいな感じで思わぬところで旧交を深められるということです。私もどこか行くときは「あそこには誰がいたかしら」と思うし。

とはいえ、ニューヨークのようにわざわざ観光で来てくれる人はウガンダ生活ではこれまでなかったのですが、この前(と言っても、もう2か月前)ついに友人たちがはるばる来てくれました!なかなか思い切らないと来られないと思うので、思い切ってくれたことがとてもうれしい!!

 

一人は高校以来だったり、一人ははじめましてだったり。それでもとっても楽しい、旅は道連れ、(「世は情け」はあまり関係ない)でした。

 

 

ウガンダ一週間旅行のご参考にもなるように、書いてみます。

 

 

クイーン・エリザベス国立公園のサファリ (Queen Elizabeth National Park)

カンパラに一泊して、最初に行ったのはサファリ。

このいろいろ楽しかった話は下記の別記事にまとめました。

ゾウ、カバ、ゾウに次ぐカバ。

 

でもつい最近、この国立公園で旅行者のアメリカ人の人が誘拐されたというニュースが… まだ解放されていないそうで、無事を心から祈っています。そんな事件聞いたのははじめてですが、しばらく行くのは控えた方がいいかも。

 

ゴリラ

その後私は仕事のためカンパラに戻り、三人はゴリラを見るため Rushagaという地域に移動しました。ラッキーな三人は、森に入ってから10分くらい歩いたところですでにゴリラに遭遇して、すごく間近で見られたそう。よかったです。

ゴリラ許可証に600ドルかかるけれどとてもよかったそうなので私もいつか行きたい。 

f:id:yaskolnikov:20190324202651j:plain

(イメージ画像)

 

 

カンパラの丘の上、カシア・ロッジ (Cassia Lodge)

 

そして金曜の夕方からまた私も合流して、中心部から少し離れた素敵なロッジに遊びに行きました。金曜夜だからちょっと混んでたけれど、ここはカンパラ市内が一望できいぇ夜景が特に最高。

みんなお揃いで買った(私は元々持ってた)キテンゲ布のアフリカンなドレスを着てワイワイ飲み食いして、気温も最高だしとても良い時間。

 

f:id:yaskolnikov:20190324203605j:plain 

ビクトリア湖を臨むプールサイド

 

 

f:id:yaskolnikov:20190324203652j:plain

パイナップルサラダ。ウガンダのジン、ワラジも飲みました。

 

 

エンテベの植物園

 

最終日は、朝ロッジで最後にゆっくりした後、先のフライトの二人は空港に行き、まだ時間のある二人で空港があるエリア(エンテベ)を散策。

 

まず、なんか行ってみようかー、と何気なく決めたボタニカルガーデンがすごく広大でした。植物園的なイメージで、温室の中にすごいめずらしい花とか咲いているのかしら、とちょっと思ってたけどそんなことはなく、広大な敷地内にいろいろな巨大な木がばんばん立ってます。

 


ガイドさんも2万シリング(600円)くらいでついてくれて、いろいろ説明してくれる。というかガイドさんいないとどう行っていいかわからないです。

 

f:id:yaskolnikov:20190325230333j:plain 

これ一本でちょっとした観光名所になっちゃいそうな巨木が次から次に立っています。

 

 

f:id:yaskolnikov:20190325230443j:plain

サルもたくさんいました

 

 

f:id:yaskolnikov:20190325230621j:plain 

 

あとなんだか印象的だったのは、死ぬほどたくさんのコバエが飛んでて、コバエの竜巻みたいなのが至る所にあって、もうたぶんこれまでの人生で一番大量のコバエを見ました。でもそういう場所だから、汚いって感じじゃなくて、とにかく生命があふれている感じ。(まあ、苦手な人はつらいかな…)

 

f:id:yaskolnikov:20190325230553j:plain

この神々しい光みたいなのも全部コバエ

 

 

エンテベの動物園

 

その後、すぐ近くにある動物園(野生動物保護教育センター)にも行きました。

 

 

これも軽い気持ちで行ったら、入口からは想像できないほど広大な敷地にたくさんの動物。

ライオンとかシマウマとか、サファリで見られなかった動物たくさん見られてなんとなくずるい気分…?いや、そんなことないよね。

 

時間によってはチーターを触ったりもできるとか? (触りたいとそんなに思わないけれど…)

 

f:id:yaskolnikov:20190325230524j:plain

行くところに行けばたくさんいるシマウマ

 

 

f:id:yaskolnikov:20190325230804j:plain

同じくキリン

 

f:id:yaskolnikov:20190325230748j:plain

ライオン、ねむそう

 

f:id:yaskolnikov:20190325230826j:plain

そしてウガンダ名物、頭つんつんカンムリヅル

 

。。。。。。。。。。。。。。。

 

以上、一週間のウガンダ満喫コースでした。

 

昔からの友達にウガンダで会えるのはとても不思議な気持ちがする一方で、でも…

…なんかすごいふつうでもあった!笑

世界は確実に小さくなりつつあります。

 

来てくれて、新たなウガンダを一緒に発見してくれて、感謝。ありがとう。

 

アフリカは、一回来るとまた別の体験をしに繰り返し来たくなっちゃうと思います。でも最初の一回の思い切りは、ツアー旅行に申し込むのでなければやっぱり誰か知ってる人がいる時がよさそう。

悩んでるみなさんは、友達がいる時にぜひ!

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

ちなみにウガンダ来る際は、黄熱病の予防接種を忘れないでください。予防接種の証明書(イエローカード)を空港で必ず見せる必要があります。(見せないとその場で打たれるとか。)そして渡航より10日以上前に打たなきゃいといっぽいのでお早めに。

他にも、B型肝炎とかポリオ、髄膜炎、狂犬病、マラリア予防薬とか「必須じゃないけどあったら安心かも」というのがあるので事前にお調べください。

 

おわり